泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアプパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

【泉北ホーム】との打ち合わせ⑦ 住宅ローンと資金計画相談について

閲覧ありがとうございます!GOSEです(^^)/

 

こちらの記事は「【泉北ホーム】との打ち合わせ⑥ 間取りプラン作成と試行錯誤」からの続きとなります。

 

泉北ホームと契約を結び、担当の営業さんと間取りのやり取りについてが前回。

 

設計打ち合わせ・内外装打ち合わせなど、家づくりを進めるためには、「住宅ローン内定」の必要があります。

 

とうとうきたか~って感じですが、住宅ローンの打ち合わせには、泉北ホーム本社にて行うとの事で、担当の営業さんではなく、管理部の方にお話しを聞いてもらう事に。

 

担当の営業さん曰く「泉北ホームの大御所が担当してくれる」との事でしたので、ドキドキしながら本社に赴きました!

住宅ローンのあれこれ 資金計画相談について

人生最大の買い物と言われるマイホームの購入「住宅ローンが払えず途方に暮れる・・」事の無いように、しっかりと見極めていきたい。

 

実は私、携帯電話は別にして「ローンを組んだ事がない」のですよ

 

これまで大きな買い物をしてこなかったといえばそうなのですが、家電にしろ車にしろ、ローンを組むのが嫌で、基本的に一括払いで乗り切ってきました。

f:id:GOSE:20200721213952j:plain

ですので「住宅ローン、めっちゃ怖い・・」とか思いながら、泉北ホーム本社で担当してくれる管理部の方と初顔合わせとなりました。

泉北ホームではお金のプロが担当してくれる

なんと管理部の部長さんが担当してくれることに!たしかに大御所・・!これは頼もしい!

 

泉北ホームでは、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていたり、銀行に勤めていた住宅ローンのプロが専属で担当してくれるとの事で、ド素人の私たち夫婦にとって頼もしい限りです。

金利が安い銀行が良い?

住宅ローンには、「変動金利」「固定期間選択金利」「全期間固定」の3つの金利タイプがあります。

 

2020年7月現在、金利は最低相場で推移しているとの事で、住宅ローンを組むこと自体は良いタイミングのようですね。

 

新規借入ランキングで見ると、

1位 auじぶん銀行「変動金利 0.380% ~ 0.410%(通期引下げ型)」「固定金利選択型(10年)0.520% ~ 0.550%(当初引下げ型)」

 

2位 住信SBIネット銀行「変動金利 0.410% ~ 0.510%(通期引下げ型)」「固定金利選択型(20年)1.400% ~ 1.500%(当初引下げ型)」

 

3位 新生銀行「変動金利 0.450%」「固定金利選択型(5年)0.750%」

 

4位 ARUHI「全期間固定(35年)0.900%【フラット35(保証型)S】」

 

5位 りそな銀行「変動金利 0.470% ~ 2.475%(通期引下げ型)」「固定金利選択型(10年)0.645% ~ 3.300%(当初引下げ型)」

f:id:GOSE:20200721223052j:plain

パッと見、金利が安い「auじぶん銀行」や「新生銀行」を選びたくなりますが、住宅ローンを利用する条件として「団体信用生命保険(団信)」に加入を求められる事が多いようです。

団体信用生命保険も重視していきたい

「団体信用生命保険」とは!

 

住宅ローンの契約者が返済中に亡くなってしまったり、高度障害状態になった時に、ローンの残高を肩代わりしてくれる「住宅ローンの生命保険」です。

 

例えば、あまり聞きたくない病名が並ぶ「3大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞)」で働けなくなった場合、一定期間の返済が保証されたり、保険金で住宅ローン残高が精算されたりする「3大疾病保障 特約付き団信」など、調べれば調べる程、色々と出てきます。

 

ただ我々夫婦は、すでに生命保険に入っていますので、見直しを行って、どのプランが一番お得になっていくのか、今後しっかりと見極めていかねば、ですね。

「りそな銀行 変動金利型」を進められる

諸々を含めた費用を、住宅ローンで支払っていかなければいけません。

 

我々夫婦の希望としては、現在住んでいる賃貸マンションの家賃「6万円台」より、月々の返済を低くしたい。

 

そのためには、頭金はどれだけ出したらいいのか。どの銀行で住宅ローンを組めばいいのか、金利プランはどれを・・って感じで話を進めていきます。

 

月々の支払が6万円以下になるように「頭金を〇〇万円」だし、35年ローンで借りて、繰り上げ返済を行う形で行きたいと、話がまとまっていき、

 

最終的に「りそな銀行 変動金利型」を進められ、事前審査の書類を書きました。

 

上記のランキングで5位にランクインしていた「りそな銀行」

 

融資手数料型限定となりますが、「団信革命セット」というプランがお得なのだそうです。

 

「融資手数料型」って、また新しい単語が出てきましたが、「低い金利で長く借りて、月々の返済額を抑えたい方」にオススメのプランとの事。

 

色々と知らない事ばかりで、勉強になった1時間30分でした。

最後に しっかりと知識を持って挑みましょう

ただですね、はいはいって聞いてるだけでは駄目だなっと。こちらから色々と質問したり検討している住宅ローンについて、ガッツリと聞くくらいじゃないと話が進みません。

 

今、猛烈に反省しています。

 

次回「泉北ホームとの打ち合わせ⑧間取りプラン検証 インナーバルコニーの有無」に続きます。