泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアプパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

【アイ工務店】の特徴 【泉北ホーム】との相見積もりについて

閲覧ありがとうございます!GOSEです(^^)/

 

泉北ホームにて契約を行い、家づくりを開始していますが、同時期に検討し、相見積もりをお願いしていたのが「アイ工務店」でした。

 

こちらの記事では、「アイ工務店」の特徴や間取り、相見積もりについて書いています。

 

家づくりにおいて、一社だけではなく複数の住宅メーカーを比較、検討すると様々な事が見えてきますね。

 

皆様の参考になれば幸いです!

家族に愛を、住まいにアイを アイ工務店

会社概要
会社名 株式会社アイ工務店
本社所在地 〒542-0085 大阪市中央区心斎橋筋1-9-17 エトワール心斎橋9F
設立 2010年7月13日
施行エリア 関東~九州エリア
公式HP https://www.ai-koumuten.co.jp/

 

アイ工務店の社長さんは、元々はミサワホームに勤めていたとの事で、スキップフロアやハーフ吹抜けなど、今時のスタイリッシュな家づくりに定評があるようです。

 

他にも様々なメーカーの営業マンや技術者が入社しているとの事で、各メーカーの良い所を、住宅建設に向ける事が可能になっているとの事でした。

アイ工務店との出会い

泉北ホームのモデルハウスを始めて訪れて、打ち合わせが終わった帰り、あと何社か回りたいね~っと、妻と話していたのですが、たまたま隣にモデルハウスがあったのが「アイ工務店」でした。

f:id:GOSE:20200722223211j:plain

時系列的には「注文住宅と住宅展示場 泉北ホームとの出会い」からとなり、家づくりの検討を開始し、モデルハウスを見学した初日に出会った事になります。

アイ工務店の特徴

大阪を拠点に「北関東から九州まで」、モデルハウスを次々にオープン!

 

2010年7月に設立された若い住宅メーカーではありますが、会社設立から6年目に年商100憶を突破し、3年間の売上伸び率が3年連続1位に輝くなど、急成長を遂げている会社です。

 

従来の「木造軸組み工法」をベースに、「ツーバイフォー工法」のような面構造となる「5倍耐力壁」を採用。

 

柱や梁に金属を用いる「金物平方工法」を採用する事により、全体の強度を高めるなど、耐震性がしっかりと確保されているのが特徴。

 

プラン内容によっては1,000万円台から、1mm単位で自由設計が可能なローコストメーカーとして、高い設計力と施工力が魅力の新鋭気鋭の住宅メーカーです。

アイ工務店の営業マンについて

仕事が早くて、打ち合わせした初日から図面を引き始めて、2~3日後には、下記の参考間取りプランを自宅に持ってきてくれました。

 

また6月時点でのアイ工務店のキャンペーン内容をファイルにしてくれたり、子供が産まれる11月~12月までに自宅が完成するように、今後の日程を組んでくれていたりと。

 

1~2回しか打ち合わせをしていないのに、右も左も分からない状態だった我々夫婦の指標となりました。

 

悪く言えば「せかされている」と感じる人もいるかもしれませんが、この人に任せれば良い家が出来るんだろうなっと、説得力が溢れる人でしたね。

 

家づくりに置いて、営業マンとのフィーリングが合うかどうかも、大きな要素だと思いますが、

f:id:GOSE:20200723020522j:plain

他の住宅メーカーから、知識や経験が豊富な、優秀な営業マンが流れてきてる事が多いようです。

アイ工務店の主力商品「Ees」の間取りプランについて

敷地面積119.00㎡(35.99坪)

 

1階の間取り

f:id:GOSE:20200722224051j:plain

LDKが21.75帖と広く、ハーフ吹抜が採用されているので、かなり開放感あふれる間取りではないでしょうか。

 

階段がLDKに配置されているのは、家族が帰ってきた時に「しっかりと顔を合わせる事が出来るように」との事でした。

 

2階の間取り

f:id:GOSE:20200722223857j:plain

アイ工務店の間取りは、吹抜けやハーフ収納などを上手く配置して空間を有効活用し、解放感溢れる家を作る事を第1に考えているようです。

 

ただコチラは、営業さんが全て1から作ってくれたプランで、我々夫婦の希望などは反映されていません。

 

やっぱりこうしたいとかが出てくると、建築費用は更に上がっていったように思えます。

泉北ホーム間取りプランと比べてみる

下記は泉北ホームと契約時の間取りプランの記事です。

 

プレミアム仕様の3LDK

www.gosekun.com

1階に和室を設置、2階にインナーバルコニーを設置しているので、全体的に部屋が狭くなってしまっています。

 

勿論、我々夫婦の希望を反映してくれている結果なのですが、皆様はどちらが好みでしょうか。

アイ工務店の見積もりについて

2回目の打ち合わせの際に、早くも資金計画書を作成してくれていましたが、気になる見積もりは・・

 

スタンダートプランとなる「Ees」仕様で、本体工事費は「1,720万円」程となっており、付帯工事費をプラスして「1,900万円」程。

 

設計料や地盤調査費などの「申請費用他」をプラスして「2,200万円」、融資関連や外構工事費(概算120万円)などの予備費用をプラスして・・・

 

上記の間取りプランで、総額「2,520万円」程で、建築が可能との事でした。

 

当時の我々夫婦は、泉北ホームの「SMILE1555」で検討おり、口頭での概算見積もりは「2,050万円」程で建てることが出来る事でしたので、どうしても総額「2,500万越え」は高く感じていました。

 

ただ「カーテン・エアコン・照明工事費」は決算キャンペーンで、かなりサービスしてくれる雰囲気でしたね。ある程度話を進めて行けば、値引きも行ってくれていたかもしれません。

合わせて読みたい関連記事

www.gosekun.com

www.gosekun.com

まとめ オススメの住宅メーカーの1つ

今回、「アイ工務店」をお断りした理由として、「泉北ホームのSMILE1555と比較して高く感じた」からです。

 

現在、泉北ホームのプレミアムパッケージで契約を行いましたが、概算見積もりで総額「2,400万円」程となっていますので、あまり早まらずに、もう少し煮詰めて検討すれば良かったと、少々後悔しています。

 

家づくりを検討されている皆様、是非一度「アイ工務店」に足を運んでみてはいかがでしょうか。