泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアプパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

【システムバス浴槽の種類と素材】6種類をまとめてご紹介!

f:id:GOSE:20201219145935j:plain

閲覧ありがとうございます!GOSEです(^^)/

 

住宅には必ず設置されている「システムバス」、日々の疲れを癒してくれるお風呂の存在は大きく、こだわりたい方も多いはず。

 

新築や少々古くなってしまった住宅のリフォームなどで、いざ選ぶとなると、「リクシル」や「TOTO」、「タカラスタンダード」など、様々な住設メーカーがあるので悩んじゃいますよね。

 

最終的に、気に入った住設メーカーを選ぶ事になると思いますが、同時にこだわって頂きたいのが「浴槽の種類と素材」です。

 

こちらの記事は、全部で6種類ある「システムバス浴槽の種類と素材」についての、まとめ記事となっています。

 

お悩みになっている方々の参考になれば幸いです!

システムバス浴槽の種類と素材、比較と見分け方について

2020年現在、私自身も大阪の住宅メーカー「泉北ホーム」に依頼して、注文住宅を建築しようと計画中です。

 

注文住宅と住宅展示場 泉北ホームとの出会い

 

色々と決める事が多くて大変ですが、大好きなお風呂生活を潤してくれる「システムバス」は、最もこだわりたい部分の1つでした。

 

どの住設メーカーにしようか、豪華なオプションに目が行きがちですが、お風呂を楽しむ要素の1つに、システムバス浴槽の存在が大きい事に気が付いたのです!

「システムバス浴槽」素材は6種類!

浴槽について、調べる前までは「全部同じ」とか考えていたのですが、まず6種類もある事に驚きました。

FRP浴槽について

 浴槽の中では、最も一般的で普及しているのが「FRP浴槽」です。

 

「FRP浴槽」と書いてしまうと、逆に聞きなれない単語になってしまいますが、古くから使われている浴槽で、マンションや比較的築年数が経過したお風呂に使わている事が多いので、知らずに使っている方も多いはず。

www.gosekun.com

他の浴槽と比べて最もリーズナブルで、住宅メーカーでは標準装備となっている事も多いですが、その分使い勝手がよく、安定した性能となっています。

人工(人造)大理石浴槽について

 「FRP浴槽」の次に一般的で、「人工(人造)大理石浴槽」と言えば、システムキッチンを思い浮かべる方も多いと思いますが、浴槽との相性もバッチリなのです。

www.gosekun.com

上記の「FRP浴槽」と比べて、お値段は高めの事が多いですが、汚れやキズに強く、高級感など、見た目にも優れているので人気の浴槽となっています。

鋳物ホーロー浴槽について

ホーローと言えば「タカラスタンダード」を思い浮かべる方も多いと思いますが、同社の「高品質ホーロー」を浴槽にしたのが「鋳物ホーロー浴槽」です

 

お値段は、上記の「FRP浴槽」や「人工(人造)大理石浴槽」に比べて高価になる事が殆どですが・・

www.gosekun.com

キッチンなどの水回りに使わている「高品質ホーロー」ですが、ガラス張りの表面は「臭いや菌に強い耐性」があり、「長持ち」してくれるだけでなく「お掃除もラク」という、優れた性質を持っています。

ステンレス浴槽について

ステンレスと言えば、キッチンのシンクを思い浮かべる方も多いと思いますが、昔懐かしのタイル張りの浴槽と言えば「ステンレス浴槽」でした。

 

 ひと昔前の主流ではあったのですが、近年では「FRP浴槽」や「人工(人造)大理石浴槽」に、その座を明け渡した形となります。

www.gosekun.comただ「耐久性」と「衛生面」に優れるだけでなく、上手く使っていけば、他の浴槽より「長寿命」という利点があるのです。

木製浴槽について

木風呂を制作している専門の業者に依頼する形となるため、新築というよりか「リフォーム」で「木製浴槽」を選ばれる方が多いようです。

 

そのため価格は高価になる事が多く、耐用年数も「7~10年程」と、他の浴槽の「15~20年」と比べると短くてお手入れも大変となっています。

www.gosekun.com

しかしですね、自宅でも「温泉気分」を味わめる感覚は、他の浴槽と比べても圧倒的に高いでしょうし、お風呂場を最高の空間にしたい方にとっては、検討の価値はあるのではないでしょうか。

まとめ 一長一短あるシステムバス浴槽の素材

「木製浴槽」や「鋳物ホーロー浴槽」は価格が高めですが、特別でゴージャースな浴槽になる事間違いなしですし、「ステンレス浴槽」はレトロな雰囲気と品質には全く問題はないものと思われます。

 

一般的で、住宅メーカーで検討した際でも標準装備になっている事が多い「FRP浴槽」や「人工(人造)大理石浴槽」の2点が、選びやすくて価格もお手頃なのではないでしょうか。

 

メリット・デメリットは、それぞれの浴槽にありますが、理想のお風呂を完成させるために、皆様も検討してみてはいかがでしょうか!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/