泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアプパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

タカラスタンダード洗面化粧台【ドレシオ】の特徴や使い勝手をレビュー!

f:id:GOSE:20210131133253j:plain

閲覧ありがとうございます!GOSEです(^^)/

 

大阪の住宅メーカー「泉北ホーム」のプレミアムパッケージで契約を行い、生まれて初めてとなる家づくりを計画して、半年以上が経過していました。

 

標準装備となる、住宅設備を確認するため、毎週のごとく各社ショールームに訪れる、楽しい週末を過ごしていたのも束の間。

 

数ある住宅設備の中でも、最後まで悩んでいたのは、朝晩の歯磨きから、お出かけ前のチェックなど、毎日使う事になる「洗面化粧台」

 

泉北ホームのプレミアムパッケージでは、

 

タカラスタンダードの「ドレシオ」「エリシオ」

リクシルの「エルシィ」

パナソニックの「シーライン」

TOTOの「オクターブ」

 

国内の一流メーカー4社の中から、5種類の洗面化粧台を選ぶ事が可能となっています。

 

これだけ多いと悩んでしまいますね。

 

こちらの記事では、タカラスタンダードの洗面化粧台「ドレシオ」の特徴などを中心に記載しています。

 

洗面化粧台を、どのメーカーにするかお悩み中の方、泉北ホームのプレミアムパッケージで契約された方の参考になれば幸いです!!

タカラスタンダードの洗面化粧台「ドレシオ」の特徴をまとめてみた

泉北ホームのプレミアムパッケージでは、タカラスタンダードのシステムキッチン「グランディア」と「オフェリア

 

システムバス「リラクシア Pタイプ」も選択可能となっており、「長持ちする」「掃除がラク」なのを重視する嫁ちゃんにとって、タカラスタンダードの製品は第一候補の1つでした。

 

それプラス、「高品質ホーロー」に興味があった我々夫婦は、堺ショールームに赴いたのですが・・・

 

【タカラスタンダード】堺ショールームでホーロー製品をチェック!

 

ただですね、正直に言うと最初は、嫁ちゃん共々、「洗面化粧台」を殆どチェックしていませんでした。

 

「リクシル」や「TOTO」などの製品が、洗面化粧台のランキング上位になっており、あまりイメージがわかず、知名度もそれほど高くないようなのです。

 

それもそのはず、タカラスタンダードの洗面化粧台「ドレシオ」と「エリシオ」は、一般販売されておらず、「ホームビルダー向けの商品」となるからです。

 

明確な定義づけはないですが、「ホームビルダー」とは、地域の工務店の事を指す事が多いようですね。

 

タカラスタンダードの公式HPを見ても、そこまで宣伝しているようには見えずですが、ショールームで確認した時に「シンプルながらも実直な作り」というのが第一印象でした。

洗面化粧台「ドレシオ」の特徴について

タカラスタンダード製品全体に言える事ですが、「高品質ホーロー」に魅力を感じるか感じないかで、評価は大きく変わってくると思います。

 

ホーローとは、鉄やアルミニウムなどの金属素材の表面に、ガラス質の釉薬(ゆうやく)を高温で焼きつけたもの。

 

表面がガラス質なので、多湿な環境で使用しても痛みやシミ、カビの心配がないのがメリットで、とにかく汚れに強くて、長年使い続ける事が可能なのです。

 

泉北ホームのプレミアムパッケージでは「ドレシオ」は、「幅90cm、奥行き55cm、高さ80cm」の大きさとなっていますが、他社製品ですと「幅100cm」なのが殆どなので、少し小さめになるのかな?といった印象です。

まるごとホーローキャビネット

「ドレシオ」最大の特徴と言えるのが「まるごとホーローキャビネット」です

f:id:GOSE:20210130170503p:plain

画像引用元:

https://www.catalabo.org/iportal/CatalogViewInterfaceStartUpAction.do?method=startUp&mode=PAGE&volumeID=CATALABO&catalogId=44791190000&pageGroupId=&designID=link&catalogCategoryId=&designConfirmFlg=

 「扉部分」だけでなく、「背面」「内側」「外側」「引き出しの底までホーロー」で構成されているのです。

 

キャビネットが丸ごと「高品質ホーロー」となっているので、マグネット小物を使って、オリジナルの収納スペースを作れたり出来るのも魅力ですね。

2段スライドタイプのキャビネットが泉北ホームで標準装備

キャビネットの形状は、扉(引き出し付き)タイプ、扉タイプ、扉(引き出し付き)タイプの4種類から選択可能となっています。

f:id:GOSE:20210130191617p:plain

間口は75・90cmから選択可能なタイプもありますね。

 

シンプルながら、ワイドな2段スライド収納(90cm)が、泉北ホームのプレミアムパッケージでは標準となっています。

f:id:GOSE:20210130190321j:plain

上記写真は、泉北ホーム本社メインショールームに展示されている「ドレシオ」ですが、光沢が美しいですね。

扉カラー14種類から選択可能

シンプルな「ウォルナットホワイト」や、シックな「ウォルナットブラック」などなど

f:id:GOSE:20210130193949j:plain

システムバスや、洗面所の雰囲気に合わせてコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

アクリル人造大理石製のハイバックカウンター

人口(人造)大理石製品」は、アクリルとポリエステル系の2つがあります。

 

パッと見、殆ど違いないのでわかりずらいのですが、ポリエステル系は汚れがつきやすく、その度にスポンジなどで磨かなければいけません。

 

アクリル系は、上記のポリエステル系より高価な事が多いですが、汚れが落ちやすくメンテナンスに優れている特徴があります。

f:id:GOSE:20210130172300p:plain

画像引用元:

https://www.catalabo.org/iportal/CatalogViewInterfaceStartUpAction.do?method=startUp&mode=PAGE&volumeID=CATALABO&catalogId=44791190000&pageGroupId=&designID=link&catalogCategoryId=&designConfirmFlg=

カウンターの上部まで継ぎ目のない一体成型となり、無孔質層となるので、汚れが染み込まず、ふき掃除もラクラクで、見た目も美しいですよね。

 

一般的な「人造大理石」は厚さ5~6mmに対し、タカラスタンダードの「アクリル人造大理石」の厚さは「9mm」となっています。

 

衝撃や熱にも強く耐久性も抜群!

 

全体を通して、実直で頑丈、高品質ホーローと合わせて、末永く長持ちしてくれるというわけです。

ミラーのタイプ

樹脂ボックス仕様

f:id:GOSE:20210130192314p:plain

画像引用元:

https://www.catalabo.org/iportal/CatalogViewInterfaceStartUpAction.do?method=startUp&mode=PAGE&volumeID=CATALABO&catalogId=44791190000&pageGroupId=&designID=link&catalogCategoryId=&designConfirmFlg=

ミラーの高さは92cmに統一されていますね。

 

木製ボックス仕様

f:id:GOSE:20210130192607p:plain

 

間口は75・90cm、ミラーの高さは117cmと119.5cmとなっています。

 

 

こちらは、住宅メーカーによって標準装備の仕様が異なると思いますが・・

 

泉北ホームでは「ワイドLED照明付き・センターミラー曇り止めコーティング付き」の90cmが標準となっています。

f:id:GOSE:20210130190010p:plain

画像引用元:

https://www.catalabo.org/iportal/CatalogViewInterfaceStartUpAction.do?method=startUp&mode=PAGE&volumeID=CATALABO&catalogId=44791190000&pageGroupId=&designID=link&catalogCategoryId=&designConfirmFlg=

コンセントの数は、内部2口、外部2口との事。

 

ドライヤーや髭剃りの充電など、コンセントは結構必要になってきますからね。重要なポイントの1つです。

【まとめ】他社と比べるとシンプル!でも10~20年後を考えると・・?

他社製品の洗面化粧台を何10年と使っても、いきなり使用不可能になる事は少ないと思いますが、長年住む事になる、一生に一度になるかもしれないマイホームの建築。

 

我々夫婦は「長く安心して使える」ものを第一候補にと考えています。

 

泉北ホームのプレミアムパッケージでは、他社製品では「ランドリーラック」や「自動水栓」などが標準装備となっており、便利ではあると思いますが・・

 

質実剛健なタカラスタンダードの「ドレシオ」が、我々夫婦には最も魅力的に見えてくるのです。

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/