泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアプパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

工事不要が魅力!【タンク式食器洗い乾燥機】のメリット・デメリットとは?

f:id:GOSE:20210220225651j:plain

閲覧ありがとうございます!GOSEです(^^)/

 

賃貸マンションに住んでいる共働きの我々夫婦、毎日の食器洗いは、基本的に夫である私が行うのですが、1回につき「10~15分程の時間」が必要でした。

 

自宅で食べる食事は楽しい時間ではありますが、仕事から帰ってきた後の「10~15分程の時間」は長く感じますし、毎日となると食器洗いって本当に大変なんですよね(;^_^A

 

どうにかして時短する事は出来ないかと調べていた時、「食器洗い乾燥機」の存在を知りました。

 

こちらの記事では、大がかりな工事が不要で、賃貸マンションでも設置する事が容易な

 

「タンク式食器洗い乾燥機のメリット・デメリット」

 

について書いています。

 

「タンク式食器洗い乾燥機」を、購入しようか悩まれている方の参考になれば幸いです!

賃貸にオススメ!【タンク式食器洗い乾燥機】のメリット・デメリットについて

子供が生まれるのを機会に、大阪の住宅メーカー「泉北ホーム」のプレミアムパッケージで契約を行い、家づくりを本格的に開始!

 

新築となりますので、現在はシステムキッチンに取り付けられている、ビルトイン型食器洗い乾燥機を採用する予定となっていますが・・・

 

何とかして食器洗いの時間を短縮したい私、新築の計画前までは、賃貸住まいでも気軽に使う事が出来る、「タンク式食器洗い乾燥機」をチェックしていました。

タンク式食器洗い乾燥機のメリットについて

「食器洗い乾燥機」の中でも比較的安価で、最も導入しやすいのが「タンク式食器洗い乾燥機」です。

 

メリットは、下記の3点となります。

 

1.工事費用が掛からず、設置が簡単

2.分岐水栓不要

3.条件次第で比較的好きな場所に置ける

4.他のタイプと比べて価格が安め 

 

1.工事費用が掛からず、設置が簡単

ビルトイン型食器洗い乾燥機」を採用しようと思っても、大がかりなリフォームが必要になったり、新築を計画しない事には、中々設置するのが難しいケースが殆どです。

f:id:GOSE:20210220220452j:plain

※写真はビルドイン型食器洗い乾燥機。最初から設置されてない限り、賃貸では厳しいです。

 

その点「タンク式食器洗い乾燥機」は、購入さえしてしまえば大掛かりな設置工事が必要無く、賃貸マンションでも設置が用意なのが、最大のメリットとなります。

2.分岐水栓不要

「タンク式食器洗い乾燥機」は、水道に取り付ける必要が無いため、水栓取り付け「約5,000円~1,0000円程の費用」が不要となります。

3.条件次第で、比較的好きな場所に置ける

下記の写真はイメージとなりますが、我々夫婦が住んでいる賃貸マンションと同じくらい狭く、水栓式の食器洗い乾燥機を採用するのは厳しいのです。

f:id:GOSE:20210220220047j:plain

排水場所を確保しなければいけませんが、条件さえ整えば、キッチンから離れた場所に設置する事が出来るのもメリットの1つとなります。

4.他のタイプと比べ価格が安め 

 

上記は、Amazonで高評価となっている、アイリスオーヤマの「ISHT-5000-W」という商品です。

 

税込み「3万円以下」のお値段で工事費不要、ある程度の性能の食器洗い乾燥機を使用出来るのはメリットの1つとなります。

 

ピンからキリまであるので、全ての商品に対して「価格が安い」とは言えないですが、分岐水栓の工事費用やリフォーム費用などを考えると、「タンク式」のほうが価格を抑えられる傾向にあります。

タンク式食器洗い乾燥機のデメリットについて

メリットもあればデメリットもあるのが世の常ですね。

 

デメリットは下記の2点となります

 

1.給水が面倒で排水場所を確保する必要あり

2.コンパクトながらそれなりのスペースが必要

 

1.給水が面倒で排水場所を確保する必要あり

分岐水栓が可能なタイプですと「自動で給水」を行ってくれますが、タンク式ですと「4~5Lほどの給水を手動で行う」必要があります。

f:id:GOSE:20210220224151j:plain

左が2Lのペットボトルとなりますが、これを2回以上満タンにして、手動で給水を行うのは、中々大変だと思いますね。 

2.コンパクトながらそれなりのスペースが必要

一度に洗える量にもよりますが、比較的コンパクトな「タンク式食器洗い乾燥機」でも、「幅40cm✕奥行40cm✕高さ40cm」以上の大きさになる事が多いです。

f:id:GOSE:20210220215554j:plain

タンク式でも、分岐水栓型の食器洗い乾燥機でも、キッチン付近に置くのが便利ですが、上記写真のようにそれなりのスペースが必要になってきます。

 

設置場所を事前にしっかりとチェックしておいた方が良いでしょうね。

合わせて読みたい関連記事

「食器洗い乾燥機」全体のメリット・デメリットについて。

 

「ビルドイン食器洗い乾燥機」のメリット・デメリットについて書いた記事となります。

www.gosekun.com

まとめ 設置しやすく安価な物も多いがデメリットも大きい

少しでも食器洗いの負担を減らしたくて、「タンク式食器洗い乾燥機」を長い事検討していましたが、今現在住んでいる賃貸マンションではキッチンが狭すぎて、効果的な配置が見込めず、泣く泣く見送っていました(;^_^A

 

設置場所を工夫し、排水ホースを上手く配置出来るならば、家事を大きく軽減してくれる、頼もしい味方になってくれると思います。

 

毎日の食器洗いにお悩み中の方々の参考になれば幸いです!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/