泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアムパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

インナーバルコニーFRP防水について【泉北ホーム新築工事】~着工61日目~

f:id:GOSE:20210504222703j:plain

閲覧ありがとうございます!GOSEです(^^)/

 

敷地面積125.18㎡(37.86坪)、総施工面積110.97㎡(33.56坪)の、ツーバイフォー工法の2階建て。

 

大阪の住宅メーカー「泉北ホーム」のプレミアムパッケージで契約を行い、待ちに待った着工が、2021年3月3日から開始!

 

こちらの記事は「窓ガラス・サッシの取り付け完了【泉北ホーム新築工事】~着工60日目~」からの続きとなり、2021年5月1日の時点で、「着工61日目」を迎えました。

 

内部造作工事が進行中ではありますが、今回はインナーバルコニーの「FRP防水」についての記事となります。

【泉北ホームで家づくり】造作工事が進行中!FRP防水の施工

着工60日目までの様子は下記の通り!

f:id:GOSE:20210502222904j:plain

大きな変化と言えば、1~2階に「YKKAPの防火仕様APW330」が設置されていた事ですね。

 

他にはインナーバルコニーの床の下地が打ち込まれていたりと、着実に造作工事が進行していっています。

着工61~62日の様子 インナーバルコニーの防水処理

GWに入った5月1日(着工61日目)、この日は土曜日となりますが、1階を1人で、2階を2人の大工さんに担当してもらい、作業がトントンと進められていたようです。

 

ハシゴを使って、2階を見学し、気になっているインナーバルコニーを見ると・・

泉北ホームの標準 FRP防水について

住宅の勉強をする前までは、「FRP防水」というのを聞いた事がなくて、そこまで重要視していませんでした(^▽^;)

 

調べて見るとですね、建売住宅や注文住宅、マンションのバルコニーやベランダーなどで、日本で最も多い防水処理が「FRP防水」です。

 

泉北ホームや、殆どの住宅メーカーでは、特に変更が無ければ、バルコニー・ベランダは「FRP防水」になるようです。

FRPとは? 

 「FRP(エフアールピー)」とは、「Fiber(ファイバー) Reinforced(リーンフォースド) Plastic(プラスチック)」の略となり、「繊維強化プラスチック」と呼ばれています。

www.gosekun.com

上記の記事でも書きましたが、一般家庭の浴槽として普及しているだけでなく、貯水槽や浄化槽、モーターボートなど、多岐にわたって幅広く使用されています。 

FRP防水とは?

雨や紫外線にさらされる事になるベランダやバルコニーですが、防水処理を行わないと、家にダメージが浸透してしまいます。

 

様々な防水処理がある中で、「FRP樹脂と補強材のガラスマットを組み合わせて防水層を作る工法がFRP防水となります。

FRP防水のメリット・デメリット

我が家でも見学した日に、インナーバルコニーの「FRP防水」の施工が行われていました。

f:id:GOSE:20210504195616j:plain

FRP防水のメリットとしては、お風呂の浴槽にも使われるなど「軽量」で、つなぎ目が無いので「高い防水性」を誇り、屋上の駐車場にも施工されるなど、耐荷重性・耐摩擦性に優れており、「塗装が剥がれにくく、とにかく頑丈」です。

 

良い事尽くめにも見える「FRP防水」ですが、デメリットも存在します(^▽^;)

 

下記は、我々夫婦が住んでいる賃貸マンション、「FRP防水」が施されたバルコニーの床面の写真です。

 

振動や摩擦に強いのですが、本質がプラスチックのために紫外線に、長期的に紫外線に晒されると「劣化してひび割れ」を起こす場合があります。

 

固いのは利点とはなりますが、伸縮性が殆どないので、変形量が多いとされている木造建築とは相性が悪く、どちらかというと、変形量の少ない鉄骨造・コンクリート造の住宅との方が相性は良いとの事。

 

「木造って、我が家やんけ!」

とか、一瞬思っちゃいましたが、ツーバイフォー工法となるので、全体の変形量は抑えられる(んですかね?)と思いますし、一般的な大きさのベランダ・バルコニーでしたら問題はないようです。

f:id:GOSE:20210504114925j:plain

「我が家は通常より大きめのインナーバルコニー(4帖)やけど!」

 

とかも思っちゃいましたが、木造でも広い面積(10㎡以上)、6帖程の大きさまでなら、施工は可能のようです。

 

インナーバルコニーには屋根があるので、風雨や紫外線に、そこまで晒される心配は少ないのかもしれませんが、それでも絶対に濡れてしまうと思うので、将来的にどうなるのか、心配ではあります(^▽^;)

FRP防水の寿命とメンテナンス費用

表面の樹脂を塗り替えていく作業は5~6年に一度、FRP自体の寿命は、10~12年程のようです。

 

メンテナンス費用となると、業者や時期によってピンからキリまであると思うので、一概には言えませんが、10年後には、何十万円単位で費用が発生するのではないかと💦

 

かなりの出費となりますが、少しでも長く長持ちして欲しい所です。

金属防水「スカイプロムナード」

FRP防水で、将来的に「ひび割れ」が発生してしまうと、そこから雨漏りや水漏れなどのリスクが高まってしまいます。

 

ホームセンターなどで売られているグリーンマットやタイルなどを敷いて、紫外線対策は可能ではありますが・・・

 

オプションになるようですが、泉北ホームの施主様で多く採用されているのが栄住産業の金属防水「スカイプロムナード」

f:id:GOSE:20210504213955p:plain

画像引用元:

https://www.eijyu.co.jp/bousui/

メーカー保証は10年となりますが、実質的にノーメンテが可能なようで、最初の予算は上がりますが、長期的に見たらお得な工法のようです。

www.youtube.com

我が家は、こういった情報を知る前に打ち合わせが終わったので、「後の祭り\(^o^)/」ではありますが、打ち合わせ中の方や、これから家づくりを考えられている方は、選択肢の一つとして、ぜひ営業さんか設計士さんに相談してみてはいかがでしょうか。

1階天井 防音用のグラスウール

泉北ホームでは、壁や屋根の断熱に「フォームライトSL」、床下には「モコフォーム」と、両方とも「吹き付け断熱材」が使用されています。

f:id:GOSE:20210504093852j:plain

上記写真はシステムバスを設置する場所ですが、なにやら隠れているように見えます。

聞いてみると、こちらは「グラスウール」を保管しているとの事でした。

 

グラスウールと言えば、日本で最も多く使用されている比較的安価な断熱材で、様々な住宅メーカーで標準仕様となっていますね。

 

どこで使うのだろうか、と調べてみたら、どうやら1階の天井に「防音対策」として敷き詰めるとの事。

 

ツーバイフォー工法の弱点の1つとして、「音がよく響く」というのがあります。

f:id:GOSE:20210504094535j:plain

室外への「遮音性」と、「気密性」が高いのは利点なのですが、足音や何か物を落としてしまった際の衝撃音などが、気密性の高さ故に階下に響いてしまうのです。

 

メーカーごとに、対策の方法は数あれど、泉北ホームでは「1階の天井に、吸音性能に優れるグラスウールを敷き詰める」事によって、対策が施されています。

 

敷き詰められるのはもう少し先になりそうですが、タイミングあえば写真に収めようと思います(´・ω・`)

合わせて読みたい関連記事

泉北ホームとの出会いから、「営業さん」「設計士さん」「ICさん」との打ち合わせ内容、住宅設備のショールーム巡り、我々夫婦の感想など。

www.gosekun.com

これまでの家づくりの流れを「打ち合わせを中心に、時系列に沿ってまとめた記事」となっています。

 

泉北ホームで契約された方、家づくりがどのような形で進行していくのかなどなど、皆様の参考になれば幸いです!

最後に ベランダ・バルコニー無しも選択肢としてあり

昔ながらのお家ですと、ベランダ・バルコニーが設置されている家が殆どで、私自身、絶対に必要な存在だと思い込んでいました。

 

洗濯物を干したり、エアコンの室外機などを置くのが、当たり前だと思っていましたが、近年では「無くてもいっか!」という論調も多いようですね。

 

「ドラム式洗濯乾燥機」や「布団乾燥機」など、便利な家電が増えてきたのもありますし、将来的なメンテナンス費用が掛からないのも良いですよね。

 

せっかくの注文住宅ですし、長い目で見て、本当にベランダ・バルコニーが必要か、事前にしっかりと検討しておくのが良いと思います!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/