泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアプパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

【タマホーム】の特徴【泉北ホーム】との相見積もりについて②

閲覧ありがとうございます!GOSEです(^^)/

 

こちらは「【タマホーム】の特徴 泉北ホームとの相見積もりについて①」の続き記事となります。

 

「タマホーム」では、総費用「1,950万円」にて建てる事が可能との事でしたが、果たしてどのようなお家を建てる事が出来るのか。

 

下記にて概算見積もり額の詳細や間取り、「泉北ホーム」との相見積もりについて書いています。

 

家づくりを考えてる方々の参考になれば幸いです!

タマホームで相見積もりを依頼したお話

同時期に相見積もりを依頼したのは、「泉北ホーム」「アイ工務店」「ダイワハウス」

 

全社、基本的には2階建て31~33坪、3LDK仕様で準防火地域。土地代を含まずの概算見積もりとなります。

 

泉北ホームでは約2,300万円ほど

 

「アイ工務店」は、スタンダートプランとなる「Ees」仕様で、概算見積もり「約2,520万円」

 

「ダイワハウス」のライフジェニック仕様で「約2,700万円」との事でしたので、「タマホーム」の総額1,950万円程」で、注文住宅を建てる事が出来るのは、金額的にはかなりインパクトがありました。

タマホームの営業マンについて

私が訪れたタマホームの営業所は、他社の営業所と離れており、独立した形となっていましたが、車を降りた途端に、サササっと営業マンが現れて受付までエスコートしてくれました。

 

そして、我々夫婦を担当してくれたのは店長さんでした。気さくな方で、色々と相談しましたが「任せてください!」と、毎回大きな声で言うんですよね。

 

「嫁は建物の揺れに弱くて、どのような家を建てたらいいのか」

 

という悩みについても親身になって話を聞いてくれて、住宅の間取りにいかしてくれました。

 

家づくりに置いて、営業マンとのフィーリングが合うかどうかも大きな要素だと思いますが、終盤は「飲み屋のオッチャンと話してる」ような雰囲気になっていったように思えます。

f:id:GOSE:20200727225104j:plain

あとタマホームの営業マンは、かなり忙しいようで「顧客の獲得、家づくりの打ち合わせから引き渡しまでを、担当してくれる営業マンがこなしてくれるとの事。

 

そういった事を踏まえて、店長さんレベルの方が担当してくれたのは、凄くラッキーだったんだなっと、今にして思っています。

タマホームの間取りについて

住宅の揺れが気になるので、1階部分を広くしたい要望を最大限生かしてくれたのが下記の間取り。

 

1階の間取り

f:id:GOSE:20200728225320j:plain

全体的にコンパクトですが、1階だけで生活が出来るように、洋室6帖で夫婦で寝る形となり、2階では子供部屋となる1部屋のみとなっています。

f:id:GOSE:20200728225705j:plain

施工面積 26.79坪、

 

こちらで概算見積もり「約1,950万円」程との事でしたが、2階ももう少し部屋を増やして欲しいと要望を出し、修正してくれたのが下記となります。

修正後の間取り

1階は変わらずですが、2階に部屋を追加して施工面積は33.81坪となっています。

f:id:GOSE:20200729184945j:plain

住む事を考えると、これくらいの部屋数は欲しい所ですね。

 

こちらでも概算見積もり「2,000万円」程との事でしたので、一番安く建てたいと思うなら、「タマホーム」でって事になりますね。

 

タマホームの概算見積もりの内容について

タマホーム以外の相見積もりを、担当してくれている営業さんに渡し、その場で概算見積書を作成してくれました。

 

それはタマホーム全体の営業方針なのか、担当してくれた営業さんのスタイルなのかは分かりませんが、例えば「建物登記費用」が他社で35万円程でしたら、ウチではこれくらいですよ~」っと、一つ一つ計算していって、比較・検討していくスタイル。

 

計算と言っても、「付帯工事費」などでは、「屋外電気配線工事 1式」や「屋外給排水工事」など、全部合わせて「121万」と書かれていたりと、何処にどれだけお金が掛かっているのか、詳しい詳細は分からないのが、タマホームの見積書でした。 

泉北ホームとの相見積もりとタマホームをお断りした理由

f:id:GOSE:20200729200827j:plain

6月中には、どこと契約するのか決めたいと考えていましたが、最終的には「泉北ホーム」と「タマホーム」の、どちらかという話になっていました。

 

「泉北ホーム」のプレミアム仕様で「約2,400万円」、「タマホーム」ですと「2,000万弱」

 

価格的には「タマホーム」は魅力的ではありましたが、例えばキッチンを見ても「食器洗い乾燥機」はオプション扱いだったりと、安く建てる事も可能だが、こだわりだすとそれなりのお値段になっていくのではないかと。

 

それなら「泉北ホーム」のプレミアムパッケージの、コミコミ料金のほうが分かりやすいという結論に達し、「泉北ホーム」を選びました。

まとめ 決して安かろう悪かろうのメーカーではない

「タマホーム」をネットで検索してみると、悪い評判が目についたりしますが、投稿時期を見て見ると10年前であったりすることが多いですし、大なり小なり、どの住宅メーカーでも不満点はあるかと思います。

 

ただ全国展開している「タマホーム」、営業さんは真摯に我々夫婦の話をしっかりと聞いてくれましたし、決して安かろう悪かろうの住宅メーカーではなく、お値段以上の品質の住宅を建てる事が可能なのではないでしょうか。

 

何処の住宅メーカーを選ぶか悩まれている皆様、是非一度「タマホーム」に足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に(^^)/