泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアプパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

注文住宅 我が家の照明プランについて①

閲覧ありがとうございます!GOSEです(^^)/

 

大阪の住宅メーカー「泉北ホーム」のプレミアムパッケージで契約を行い、家づくりを本格的に開始していますが、営業さん→設計士さんとの打ち合わせを終え、合間に「ショールーム」などにも訪れて、住宅設備のチェックも完璧!

 

「ボチボチ施工開始だ!」とか考えていましたが・・・

 

家づくりにおいて、「間取り」や「住宅設備」などを事前にしっかりと考えている方も多いと思いますが、同じくらい大事なのが「照明プラン」なのです。

 

私自身、まだまだ勉強不足ではありますが、インテリアコーディネーターさんに提案して頂いた照明プランを元に、嫁ちゃんとガッツリと悩んでいる最中となっています!

泉北ホームで家づくり!理想の家づくりで必須となる照明プランについて

照明について殆ど知識が無く、「シーリングライト」や「ダウンライト」など、正直言うと「なんのこっちゃねん」って感じだったので、取り合えず「照明器具の種類と特徴」について調べてみました。

www.gosekun.com

「スポットライト」や「ブラケットライト」、「ダウンライト」などを上手く設置する事が出来れば、マイホームのオシャレ度がアップする事間違いなし!なのです。

我が家の照明プランについて

泉北ホームのプレミアムパッケージでは、パナソニックの「まるごとLEDキャンペーン」を採用すると、小冊子内の商品40万円分がサービスとして付いてきます。

f:id:GOSE:20210103123735j:plain

インテリアコーディネーターさんとの打ち合わせ前に、「照明アンケート」を頂けるのですが・・

 

「全部屋照明器具プランが希望である」

「持ち込みの照明器具がある(シーリング照明)」

「ペンダント照明や間接照明をつけたい」

などの項目があるので、気になる所にチェックを行い提出!

 

すると、インテリアコーディネーターさんとの初回打ち合わせ前に、全部屋の「照明プラン」を、上記の小冊子内の商品で作成してくれるというわけです(提出しなくても完全お任せで作成してくれるようですが)

 

我々夫婦は現在マンションに住んでいますが、何点か「シーリングライト」や「ペンダントライト」を持ち込みしたいという要望を伝え、照明プランを作成して頂きました。

1階の照明プラン

下記はインテリアコーディネーターさんに作成して頂いた照明プランとなります。

 

緑色の○が付いている「畳コーナー」は、持ち込みのシーリングライトを設置する予定ですが、それ以外は全て「ダウンライト(DL)」のみで構成されています。

f:id:GOSE:20210103125557j:plain

正直に言うとですね、最初は「ダウンライト」がどういったものなのかすら認識していませんでした(;^_^A

 

ダウンライトとは、天井に埋め込むタイプの小型照明で、部屋全体がすっきりとした印象となり、最近はやりの照明プランとなっています。

 

単体では光源が心もとないので、上記写真のように複数のライトを、一定の間隔で配置して使用します。

f:id:GOSE:20210103132711j:plain

LDKには、8個ダウンライトを設置する形となり、LDKとソファの上に設置する6個は調光・調色機能が付いたダウンライトとなっています。

 

※調光とは、明るさの調節が無段階で行える機能で、調色とは、光の色を変える事が出来る機能です。

変更したいポイントについて

1階LDKは、家族が一番集まる場所になるので、もう少し照明にこだわりたいと考えています。

 

懸念ポイントとしては、8個のダウンライトで、LDK全体を上手く照らす事が可能なのか。

 

1つのスイッチで、ダウンライトが3個点灯する形となるのですが、2個のダウンライトのみでは、調光・調色機能は中途半端になるのではないか。

f:id:GOSE:20210103134541j:plain

調光・調色機能についても予算と相談になりますが、シーリングライトを主照明にして、補助照明をダウンライトにするなど、定番かもしれませんが、そちらのほうが安定するのかなと考えています。

 

様々なホームページを覗いてみると、ダウンライトのみでもかなり明るいイメージで、8個もあれば十分に部屋全体を照らしてくれそうではあります。

 

ただ、嫁ちゃんは部屋全体を明るくするのが好きなので、この点はインテリアコーディネーターさんと相談したいと思います。

2階の照明プラン

主寝室と、私の趣味部屋と将来の子供部屋については、現在使用しているシーリングライトを持ち込もうと考えています。

 

ちなみにシーリングライトとは、下記とおり「見たことあるなあ!」って方も多いのではないでしょうか。

 

照明としては定番中の定番となっていますが、それ故に明るさのイメージがしやすく安定感がありますよね。

f:id:GOSE:20210103150554j:plain

家電量販店でも、調光・調色機能が付いている「シーリングライト」は、1~2万円の価格となるので、持ち込み出来るれば、費用は抑えられると思います。

f:id:GOSE:20210103150208j:plain

廊下やクローゼット、インナーバルコニーには「ダウンライト」を設置して、階段部分には「プラケット照明を2つ」設置しています。

 

「ブラケット照明」とは、壁に取り付けるタイプの照明器具で、デザイン面に優れているだけでなく、壁に陰影を作り出す事が可能となっており、立体的な空間を演出できるというわけです。

f:id:GOSE:20210103151257j:plain

階段ですので、少しでも明るい方が安全といえば安全なのかもしれませんが・・。

 

「ダウンライト」を複数設置してしまうか、吊り下げるペンダントライトでオシャレを演出、足元を照らす「フットライト」で・・

 

いくらでもこだわれるとは思いますが、「ブラケット照明」が一番無難なのかなっと考えています。

変更したいポイントについて

インナーバルコニーには、2個ダウンライトが付いていますが、1つのみ調光・調色機能が付いています。

 

こちらを両方とも調光・調色機能がついているタイプにしたいなあっと考えています。

 

逆に廊下に関しては調光・調色機能は、そこまで必要ではないかなっと考えているので通常のダウンライトにして、余った予算を他に回そうかなっと。

泉北ホームの照明予算について

泉北ホームのプレミアムパッケージでは、冒頭でも書きましたが「40万円分」のパナソニック製の照明がサービスとして付いてきます。

 

ただ配線代やスイッチ追加代金などの「電気工事代」についても、「40万円」の範囲内で揃える形となります(超過分はオプション代)

 

具体的には、照明配線1灯につき「3,500円」、スイッチ配線一か所につき「3,500円」の費用が発生するわけです。

 

こだわればこだわる程、費用が発生する形となりますが、基本的に1室(室内)に1灯の照明配線と、スイッチ1ヵ所が契約工事に含まれ、下記の天井付け引掛シーリングが1つ標準で設置される形となります。

f:id:GOSE:20210103154738j:plain

あと交換可能なライトにしても、泉北ホームに依頼した場合、基本的に全て「定価で購入」する事になります。

 

「こだわりたい部分はこだわるけど、少しでも費用を抑えたい!」って方は、我が家のように持ち込み用の「シーリングライト」を用意するなどすれば、費用は抑えられるかと。

 

予算的には、インテリアコーディネーターさんに提案して頂いた上記のプランで約「39万円」程となっていますので、少々オーバーする可能性が高いですが、もう少し練っていきたいと考えています。

最後に 照明で失敗しないために

家づくりにおいて、「照明計画で失敗した・・」というのは意外と多いようです。

 

「間取り」や「住宅設備」は、図面などでも分かりやすくイメージがしやすいですが、照明は家が建って住み始めて初めて「こんなはずでは・・」と感じる方が多いとの事。

 

取り合えずは、それぞれの照明の特徴やメリット・デメリットをしっかりと把握し、効果的に設置できるように検討。しっかりとインテリアコーディネーターさんに相談していこうと考えています。

 

そろそろ終わりが見えてきたかに思えましたが、家づくりは、まだまだ続きそうです!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

 

次回「注文住宅 我が家の照明プランについて②」に続きます!