泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアプパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

外仮枠組みが完了【泉北ホーム基礎工事】~着工11日目~

f:id:GOSE:20210313215023j:plain

閲覧ありがとうございます!GOSEです(^^)/

 

こちらの記事は「泉北ホーム基礎工事 ~着工10日目~ 水道給排スリーブ入れ工事」からの続きとなります!

 

配筋作業が完了した後に、「水道給排スリーブ」「ガススリーブ」の設置が完了したのが前回となります。

 

この記事を書いている日は「2021年3月13日」

 

「着工から11日」が経過しましたが、着実に完成へと近づいている我が家ですが、本日の作業で「外仮枠組み」が完了したようです!

泉北ホームで家づくり!~着工11日目~外仮枠組みの完成

前日の着工10日目は、下記の通りとなります。

f:id:GOSE:20210312205857j:plain

青くてグレーな彼らが「スリーブ菅」

 

ベースコンクリートが流し込まれた後、水道管などの配管を通す孔が必要になってきますが、事前に筒状の「スリーブ菅」を設置しておけば、基礎に孔を空ける必要が無くなるというわけです。

工事の進捗状況 外仮枠の完成

着工11日目!果たして変化はあるのだろうかと、工事現場に赴くと・・!

 

「外仮枠」が、お披露目となりました!

f:id:GOSE:20210313211534j:plain

上記の写真では少し分かりにくいと思うので、横からの図

f:id:GOSE:20210313211932j:plain

朝9時頃には作業をされていなかったので、本日はお休みかなあっと思っていたのですが、夕方には完成しているという事が多々あります。

 

いつ作業されているんだろうと思っちゃってますが、日に日に変化があると本当に楽しいですし、嬉しいですね(*'ω'*)

 

2~3日前から「外仮枠組みが~」とか書いていたと思うのですが、1日で作業を終えてくれたようです!

仮枠(かりわく)とは?

建築用語って、少し分かりにくい名前も多いと思いですが、「仮枠」は何となく予想がつきますね。

 

ちなみに「型枠」とも呼ぶようです。

 

仮枠とは、コンクリートを打ち込むための枠組みをいいます。コンクリートを設計上の形状や厚さに流し込み、必要な強度になるまで支持する型枠のことです。コンクリートを流し入れると相当な重圧がかかるので、たわみが生じないよう強度が必要です。また、仮枠の表目にキズや汚れがあると、コンクリートの品質に影響します。コンクリートを打ち込んで5日程度の養生の後、仮枠は取り外されます。

引用元:

https://www.homes.co.jp/words/k1/525000902/

 

流し込んだコンクリートが固まるまで、仮に設けられた型の枠となりますが、確かにコンクリートをせき止めてくれる「仮枠」が無いと、大変な事になってしまいますね(;^_^A

f:id:GOSE:20210313215510j:plain

1ヵ所でも倒れこんだりしたら大変だと思いますが・鉄か何かで出来ているのでしょうか。かなり頑丈そうです。

合わせて読みたい関連記事

泉北ホームとの出会いから、「営業さん」「設計士さん」「ICさん」との打ち合わせ内容、住宅設備のショールーム巡り、我々夫婦の感想など。

www.gosekun.com

これまでの家づくりの流れを「打ち合わせを中心に、時系列に沿ってまとめた記事」となっています。

 

泉北ホームで契約された方、家づくりがどのような形で進行していくのかなどなど、皆様の参考になれば幸いです!

最後に いよいよベースコンクリートが流し込まれる!

明日3月13日は日曜日となるので、作業はお休みになるかと思いますが、3月15日月曜日に、いよいよ「ベースコンクリート打設」が始まるようです!

 

日程表を見ると、ちゃんと予定通りに進んでいるようですね。

 

という事は、泉北ホーム自慢の「ダブル配筋&ベタ基礎」も見納めになるようですので、悔いの無いように嫁ちゃんとじっくりと見ておきたいと思います!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

次回「泉北ホーム基礎工事 ~着工12日目~ 基礎伏図と配筋チェック」に続きます~(^^)/