泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアプパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

TOTOのシステムバス【サザナ】の特徴や強み 泉北ホームプレミアムパッケージ仕様について

f:id:GOSE:20201013210642p:plain

閲覧ありがとうございます!GOSEです(^^)/

 

泉北ホームのプレミアムパッケージで契約を行い、家づくりを本格的に開始していますが、今悩んでいるのはシステムバスを、どこのメーカーにするかです。

 

「TOTOのsazana(サザナ)」

「PanasonicのOflira(オフローラ)」

「LIXILのArise(アライズ)」

「タカラスタンダートのRELAXLA(リラクシア)」

 

プレミアムパッケージでは、上記4種類から選ぶ事が可能となっています。4つもあると悩んじゃいますよね。

 

こちらの記事では、「TOTOのsazana(サザナ)」の特徴と強み、泉北ホームの標準仕様について書いています。

 

泉北ホームのプレミアムパッケージを契約された方、システムバスをどこのメーカーにしようか、お悩み中の方々の参考になれば幸いです!

TOTOのシステムバス【サザナ】について

TOTO・DAIKEN・YKKAP、3つのメーカーが集合した「大阪コラボレーションショールーム」ですが、「TOTO」のブースで特にチェックしたかったのが「システムバス」なんですよ。

 

現在住んでいるマンションの浴槽が狭く、スーパー銭湯に月に2~3回は必ず訪れて、大きな露天風呂なんかでストレスを解消していますが、毎日行くのは難しい・・。

 

ってなわけで、マイホームのシステムバスは、個人的にはしっかりとこだわりたいポイントの1つなのです。

サザナの特徴や強みについて

トイレのイメージが強い「TOTO」ですが、システムバス「サザナ」がフルモデルチェンジを果たし、さらに使いやすくなったとの事!

jp.toto.com

今まで泉北ホームで選べるシステムバス、「パナソニックのオフローラ」「リクシルのアライズ」「タカラスタンダートのリラクシア」をショールームで見てきましたが、オプションが付いていない状態だと、各社とも殆ど違いがないんですよね。

 

ただ泉北ホームのプレミアムパッケージですと、各社の特徴や強みとなる「オプション品」を、標準仕様に組み込んでくれているのですよ。

お掃除ラクラクほっカラリ床

床表面に特殊処理を施した親水層の効果で、皮脂汚れと床の間に水が入り込み、汚れ落ちがスムーズに。ブラシでのお掃除がラクラク!※引用元:TOTO公式HPより抜粋

f:id:GOSE:20201013200136p:plain

画像引用元:https://jp.toto.com/products/bath/sazana/feature/clean.htm#anc-03

掃除が楽になる床は他のメーカーでも一般的で、泉北ホームでも標準仕様になっている事が殆どなのですが、実際に踏んでみると違いが一目瞭然!

 

「クッションのように」といったらオーバーかもしれませんが、他のメーカーより床が柔らかく、踏み心地が良いんですよ。

 

子供が生まれる予定なのですが、ツルっと滑って赤ちゃんを落としてしまった、というのはよく聞く話ではありますが、衝撃が少しでも吸収してくれるのは嬉しいですし、毎日の掃除がしやすいのもポイントが高いです。

お掃除ラクラク排水口

システムバスの排水口も、髪の毛などやぬめり・カビなどの汚れが溜まりやすく、お掃除が大変なポイントではありますが、TOTOはしっかりと対策を行ってくれています。

f:id:GOSE:20201013202012p:plain

画像引用元:https://jp.toto.com/products/bath/sazana/feature/clean.htm#anc-01

排水口部分や封水筒部分が、抗菌・防カビ効果を持つ樹脂で出来ているので、汚れに強いのが特徴です。

 

また、すり鉢形状のキャッチャーがついているので、溜まりやすい髪の毛も簡単に捨てる事が出来るのも嬉しい特徴の1つです。

 

他のメーカーでも同じような対策が施されているので、そこまで珍しいというわけではないですが、基本をしっかりと抑えてくれているわけですね。

壁にマグネットを付ける事が出来る

浴室の壁にマグネットを取り付ける事を大々的に宣伝しているのは「タカラスタンダートのリラクシア」ですが、実は「TOTOのサザナ」でも取り付ける事が可能なのです。

 

TOTOショールームのアドバイザーさんが教えてくれたのですが、昔ながらのお風呂グッズを吸盤で取り付けるのも悪くないですが、マグネットという選択肢が増えるのは嬉しいですね。

 

ただ調べてみたら、「パナソニックのオフローラ」「リクシルのアライズ」でも取り付ける事が出来るようなので、最近ではそこまで珍しくないようです。

泉北ホームで選べる2タイプ

プレミアムパッケージでは「断熱パックプラン」と「きれい除菌水プラン」の2パターン、どちらかを選ぶ形となります。

断熱パックプランについて

「断熱パックプラン」とは、天井・壁・排水トラップなど。「浴室全体を断熱材で包み込む」プランです。

 

浴槽を断熱防水パンで覆う事により水漏れを防ぎ、特に2階以上に浴槽を設ける予定の方には効果的との事。

 

バスルームの全面の壁を同じ壁柄で統一するプラン「オールパネルプラン」が標準となりますが、浴室全体が断熱構造となるので、お湯を入れてから5時間後の温度低下が「2.5℃以内」になるとの事で、冬場や寒い地域などに効果的なプランとなっています。

きれい除菌水プランについて

こちらの「きれい除菌水プラン」では、TOTOを選ぶ利点の1つ「床ワイパー洗浄(きれい除菌水)」が標準仕様となっています。

jp.toto.com

ボタン1つで、板状の水流をワイパーのように端から移動させて、汚れが落ちにくい床の隅やカウンター下などを掃除してくれるだけでなく、「きれい除菌水」を床に散布!

 

汚れが落ちやすくなるだけでなく除菌までしてくれて、カビやピンク汚れの発生を抑えてくれるのです。

 

1日1回で、電気代や水道代が「約11円程」との事ですので、上記で記載した「お掃除ラクラクほっカラリ床」と「お掃除ラクラク排水口」と合わせて、キレイが長持ちしてくれるのは嬉しいですね。

「1717サイズ」が標準仕様

システムバスの浴槽や洗い場の大きさについては、「注文住宅のお風呂の大きさについて ベストなサイズは1坪タイプ?」で詳しく書きましたが、泉北ホームのプレミアムパッケージ「サザナ」では、ゆったりと足を伸ばして入浴したい方に最適な、「1717サイズ」が標準仕様となっています。

 

パナソニックのオフローラ」や「リクシルのアライズ」では、洗い場が大きくなる「1621サイズ」が標準仕様となっていますが、浴槽の大きさを変えるのはオプションになってしまうのですよ。

f:id:GOSE:20200914205215j:plain

上記写真は 「1616サイズ」の浴槽ですが、身長169cmの私でも、足を伸ばして入浴する事は可能です。

 

では「1717サイズ」、どれだけ大きくなるかと言うと、一坪タイプの1616サイズから「約5cm」、浴槽と洗い場の幅奥行が大きくなるとの事です。

f:id:GOSE:20201013104648j:plain

「5cm」となると、殆ど変わりがないように思えますが、少しでも大きくしたいなら「TOTO」が良いという事になりますね。

 まとめ TOTOの床ワイパー洗浄と1717サイズが魅力的

トイレのイメージが強いですが、キッチンや洗面台の水回りにも並々ならぬ力を入れているので、総合的に優れた水回りメーカーに進化を遂げている「TOTO」

 

「サザナ」の他社には無い特徴として、きれい除菌水で汚れを落として掃除がしやすくなるだけでなく、除菌までしてくれる「床ワイパー洗浄」と、浴槽と洗い場が少し大きくなる「1717サイズ」が魅力的となっています。

 

最終的な判断はまだ先ですが、皆様もぜひTOTOのショールームを訪れて、実際に「サザナ」を体感してみてください!

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/