泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアプパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

タカラスタンダードのシステムバス【リラクシア】Pタイプについて

f:id:GOSE:20200915202900j:plain

閲覧ありがとうございます!GOSEです(^^)/

 

泉北ホームのプレミアムパッケージで契約を行い、各メーカーのショールームを訪れて、仕様のチェックをしていますが、お風呂好きな私にとって気になる「システムバス」

 

「タカラスタンダートのRELAXLA(リラクシア)」

「PanasonicのOflira(オフローラ)」

「LIXILのArise(アライズ)」

「TOTOのsazana(サザナ)」

 

誰しもが名前を聞いた事のある一流メーカー4社から、4種類のシステムバスが選択可能となっており、泉北ホームのプレミアムパッケージの豪華さが分かりますね。

 

こちらの記事でご紹介するのは「タカラスタンダードの堺ショールーム」を訪れ、実際に確認を行った「リラクシア」について書いています。

 

泉北ホームのプレミアムパッケージで契約された方、どのメーカーにしようかお悩み中の方など。皆様の参考になれば幸いです!

泉北ホームで家づくり!タカラスタンダードのリラクシアPタイプについて

前回はシステムキッチン「オフェリア」についての記事を書きましたが・・、「やっぱりホーローってええなあ・・」ってしみじみ思っちゃうんですよね。

www.youtube.com

タカラスタンダードの代名詞とも言える「ホーロー」ですが、システムバス「リラクシア」にもしっかりと使われています。

FRP製の浴槽形状は3種類から選択可能

FRP製の浴槽の種類は、「スクエア浴槽」「ラウンド浴槽」「ラウンド浴槽(ベンチ付き)」の3種類で、大きさは「1616サイズ」のみとなります。

f:id:GOSE:20200915212854j:plain

下記は、恒例?となっている私の入浴シーンです。

f:id:GOSE:20200915213902j:plain

ちなみに身長は169cmですが、浴槽の深さが他メーカーより、しっかりとあるので、肩に浸かった状態でも余裕を持って足を伸ばす事が出来ました。

 

ちなみに浴槽カラーは「ベージュ」「ピンク」「グリーン」「ホワイト」から選ぶことが可能となっています。

FRP製とは?

ワンランク上のJタイプなら「アクリル人造大理石」となりますが、泉北ホームのプレミアムパッケージの標準装備では、「PプランのFRP製」となるようですね。

 

ちなみにFRP製とは「繊維強化プラスチック」の事で、ガラス繊維に樹脂素材を混ぜて作られています。浴槽の中で最もポピュラーで一般的に普及しています。

 

防水性が高く軽くて丈夫なので、ガスタンクやヨットの船体などにも使われており、通常使う分には全く問題のない材質となります。

掃除がラクな「ホーロークリーン浴室パネル」

リラクシアでは、浴室の壁となる4面すべてに「ホーロークリーンパネル」が使われています。

f:id:GOSE:20200915220906j:plain

湿気に強く、湯アカも水拭きだけで簡単に洗い流すだけでOK。表面がガラス質のホーローとなるので、カビを寄せ付けないので「掃除がとにかくラク」なのです。

 

ちなみに「リクシル」や「パナソニック」ですと、4面すべてを同一にするプランと、1面のみ違う柄のパネルにするプランのどちらかを選べましたが、「タカラスタンダード」では、1面のみを違う柄のパネルにする「アクセントプラン」が標準となります。

f:id:GOSE:20200916205054j:plain

柄の種類も豊富で、自分好みのカラーが見つかるはず。

震度6強に耐える耐震性に優れたフレーム構造

こちらも「タカラスタンダード」ならではとなりますが、お風呂場の強度が、他社のシステムバスとは段違いとの事。

www.youtube.com

お風呂に耐震性の基準が設けられているのは「タカラスタンダード」ならではではないでしょうか。

 

通常のシステムバスですと、浴槽を細い4本の土台で支えているので、地震が発生し、その内の1本でも折れてしまうと、浴室全体が傾いてしまう。

 

そうならないために、頑強な土台で浴槽全体を面で支える「分散荷重方式(フレーム式)」を採用しているというわけです。

 

住宅の基礎で「布基礎」と「ベタ基礎」がありますが、タカラスタンダードの浴室は「ベタ基礎」を採用している・・って事になりますね。

f:id:GOSE:20200916210441j:plain

嫁ちゃんは「住宅の揺れに敏感」なので、こういった構造に惹かれてるようです。頑丈なのは利点ですよね。

 

あとは浴室全体の天井や壁が、厚さ16mmの保温材で包まれているので熱を逃がさず、しっかりと金具で固定されているので、保温性に優れているのも嬉しいポイントの1つとなります。

キープクリーンフロアが標準装備

 厚さが27mmの4重構造になっており、耐久性と機能性に優れる「キープクリーンフロア」が、泉北ホームのプレミアムパッケージでは標準装備となっています。

www.youtube.com

表面に「磁器タイル」が貼られており、キズがつきにくくデッキブラシでゴシゴシと掃除しても大丈夫との事でした。

 

浴槽の床にたまりやすい皮脂汚れなんかも、水で洗い流すだけでキレイになってくれるのだとか。

f:id:GOSE:20200916212607j:plain

表面から「磁器タイル」「ステンレス層」「保温材」「スチール層」の4層構造。

 

高級感もあって、実用性にも優れるのが特徴となります。

まとめ 「清掃性」「保温性」「耐震性」に優れるリラクシア

タカラスタンダードの「リラクシア」は、パッと見は普通の浴室に見えますし、「パナソニック」や「リクシル」と比べても派手さはないように思えます。

 

しかし「ホーロークリーンパネル」や「キープクリーンフロア」で掃除がラク、浴槽全体を支える「分散荷重方式(フレーム式)」で耐震性に優れるなど、長く安心して使える「システムバス」というのが、我々夫婦の評価です。

 

嫁ちゃんは、とにかく「リラクシア」が気に入ったようで、他社メーカーを抑えて「絶対コレがいい」と言っていました。

 

最終的にどのメーカーのシステムバスを採用するかは、まだまだ先の話とはなりますが、しっかりと吟味して検討していきたい所です。

 

さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/