泉北ホームで家づくり!GOSEのマイホーム建築ブログ

住宅メーカー【泉北ホーム】のプレミアプパッケージで家づくり!初めての注文住宅、分からない事だらけですがリアルタイムで記事を更新しています。

タカラスタンダードのシステムキッチンOFELA(オフェリア)について

f:id:GOSE:20200911215614j:plain

閲覧ありがとございます!GOSEです(^^)/

 

泉北ホームのプレミアムパッケージでは、住宅設備を様々なメーカーから選択する事が可能となっていますが、その中でも

 

「Takara standardのGRANDIA(グランディア)とOFELA(オフェリア)」

「LIXILのALESTA(アレスタ)」

「PanasonicのLacucina(ラクシーナ)」

「TOCLASのBerry(ベリー)」

「HANSSEMのペニンシェラ」

 

国内外の一流メーカー5社から、6種類ものシステムキッチンを選択する事が可能となっています。

 

これまで「パナソニックセンター大阪」「リクシルショールーム南港」に足を運び、各メーカーの住宅設備をチェックしてきました。

 

こちらの記事では、どのメーカーにも無い唯一無二となる「タカラスタンダードの高品質ホーロー」が使われたシステムキッチン「オフェリア」についてご紹介しています。

 

システムキッチンをどのメーカーにするべきか。お悩みの方の参考になれば幸いです!

泉北ホームで家づくり!木製システムキッチンOFELA(オフェリア)について

泉北ホームのプレミアムパッケージで標準装備になっている、タカラスタンダードのシステムキッチン「オフェリア」ですが、一般には販売されておらず「ホームビルダー向けの商品」となります。

 

大阪の「堺ショールーム」にて仕様をチェックしましたが、「タカラスタンダード」と「高品質ホーロー」については、下記の記事にて記載していますので、参考にどうぞ!

 

「【タカラスタンダード】堺ショールームでホーロー製品をチェック!」

OFELA(オフェリア)のメリットについて

10~20年と使っていくシステムキッチン、少しでも長もちしてくれて愛着をもって使っていきたいですよね。

 

オフェリアの仕様を確認して良いなと思ったのが、下記の4点です。

1.高品質ホーロー仕様が随所に使われている

「キャビネットの内側」や、キッチンパネルを張る「コンロ・シンク前」、「レンジフード部分」に、タカラスタンダードの代名詞である「高品質ホーロー」が使われています。

f:id:GOSE:20200911223040j:plain

キャビネットの内側、底板がホーロー製なので掃除がしやすく長持ちしてくれるだけではなく、磁石が引っ付くので、マグネットで自分好みに仕切りを作る事が可能です。

f:id:GOSE:20200911223934j:plain

レンジフードの、汚れやすい吸い込み口には「ホーロー整流板」が取り付けられているので、掃除が簡単でサッと拭き取るだけでOKなのが良いですね。

 

レンジフード横が「高品質ホーロー」となりますので、マグネットを貼れるのが便利ですし、熱に強くとにかく頑丈です。

2.ホーローマルチ収納オープン仕様が魅力的

最終的にどのメーカーのキッチンを採用するかは、ほぼ100%「嫁ちゃん次第」となりますが、嫁ちゃん曰く「マルチ収納オープン仕様に惹かれた」との事。

 

「高品質ホーロー」に惹かれたんとちゃうんかい!って気もしますが、マルチ収納オープン仕様が展示されていませんでしたので、下記は「泉北ホーム本社メインショールーム」のオフェリアです。

f:id:GOSE:20200912085752j:plain
嫁ちゃんはフラット対面式ではなく、手元が隠れるタイプのキッチンを採用したいといっていたのですが、タカラスタンダードの「オフェリア」では何と「収納タイプ」を採用出来るんですよ。

 

これはどのメーカーのキッチンにはない大きな特徴となりますが、収納部分は「全面ホーロー製」となっていますので、水ハネやサビに強くお掃除しやすいのが便利でメリットの1つとなります。

3.カラーバリエーションが豊富で45種類から選択可能

キャビネットの扉部分のカラーを「45種類」から選択可能となっており、自分好みの雰囲気にする事が可能です。

f:id:GOSE:20200911225048j:plain

扉材の中で最高級クラスとなる「高圧メラミン面材」が使われているカラーもあり、他のメーカーではオプション品になる事が殆ど(パナソニックとか)で、予算的には70~80万も違ってくるのだとか。

 

「オフェリア」では標準装備となるので、バリエーションの豊富さはメリットの1つと言えますね。

4.アクリル人造大理石シンク&カウンター

泉北ホームのプレミアムパッケージでは、様々なオプション品が標準装備となっています。

 

オフェリアの「アクリル人造大理石シンク」は、一般的な5~6mmではなく「9mm」の厚さとなっているので、衝撃や熱にも強く耐久性抜群!

 

80cmの高さから1kgの鋼球を落としてもキズが付かず、180℃の油が入ったお鍋を直接置いても変色しないとの事。

f:id:GOSE:20200911231932j:plain

カウンターも同じアクリル人造大理石となるので、つなぎ目がなくてシャープで良いですね。

 

キッチンシンクについて詳しくは、下記の記事にて解説していますので、参考までにどうぞ!

キッチンシンク「ステンレス」か「人造大理石」どちらを選ぶべき?

5.食器洗い乾燥機付きは三菱製の「EW45R2SM」が標準

食器洗い乾燥機が標準で付いてくるのも嬉しいポイントの1つ。

f:id:GOSE:20200911232424j:plain

ちなみに浅型の「三菱製EW45R2SM」が標準装備ですが、三菱のHPを見ると「希望小売価格15.000円」となっていました。

 

共働き世帯で食器洗い乾燥機は「浅型」「深型」どちらを採用すべき?

 

食器洗い乾燥機について詳しくは、上記の記事にてまとめてありますので、参考までにどうぞ!

OFELA(オフェリア)のデメリットについて

こちらからは、個人的に感じたオフェリアのデメリットについてです。

1.キッチン全体がホーローではない

最初キッチン全体がホーローだと思っていたのですが、実際は一部だけがホーローで、扉部分などは「木製」となっています。

 

その分カラーが45色から選べるのと、頑丈な最高級の「高圧メラミン面材」が標準装備となっていますので、総合的にはトントンなのかもしれませんが、徹底的にホーローがいいって人は、少々物足りなさを感じるかもしれませんね。

2.標準装備が他社と比べて少な目

これは「オフェリア」が悪いって話ではないのですが、例えばパナソニックのシステムキッチン「ラクシーナ」だったら、「トリプルワイドガス・IH」や、「深型食器洗い乾燥機」が標準装備で付いてきます。

www.gosekun.com

キッチンの電源も付けたいと考えていたのですが、「オフェリア」ではオプションに対し「ラクシーナ」では標準装備となります。

 

泉北ホームのプレミアムパッケージならではの事ですが、とにかく様々なオプション品が標準装備になっているのですが、「オフェリア」は少々少な目かな?っと感じています。

まとめ 経年変化が少なく丈夫で長持ちな高品質ホーロー

メリット 高品質ホーローが要所で使われている
ホーローマルチ収納オープンを選択可能
カラーバリエーションが豊富
アクリル人造大理石シンクが他社より頑丈
デメリット キッチン全体が高品質ホーローではなく一部木製
標準装備が他社と比べて少な目

タカラスタンダードのシステムキッチン「オフェリア」ですが、実際に使われている方の感想では、「満足」されている人が多いように思います。

 

一部にしか使われていないとはいえ「高品質ホーロー」は魅力的ですし、扉部分は最高級の「高圧メラミン面材」を選択出来るので、デザイン性も申し分ないです。

 

普通に使っていく分には全く問題なく、キズ・熱・汚れに強く、他社のように派手さはないかもしれませんが、堅実で実直なイメージそのままで長く使っていくなら「タカラスタンダード」を選択すれば間違いないでしょう。

 

最終的には「妻ちゃん」の選択次第となりますが、じっくりと悩んでいこうと思います。

 

 さてさて、ここまで読んで頂きありがとうございます!

また次回に~(^^)/